Ubuntu 22.04 LTSでのIPアドレス設定方法。コマンドも紹介

パソコンやサーバーとネットワークで通信するには、IPアドレスの設定が必要です。

UbuntuでIPアドレスを設定する方法としては、CUIとGUIの2通りがあります。

通常Linuxではifconfigを使用してIPアドレスを設定しますが、Ubuntuでは18系以降のバージョンでifconfigが使用できなくなっています

では、どのようにしてIPアドレスを設定すればよいのでしょうか。

本記事では、そのような疑問をもつ人に向けて、Ubuntu 22.04 LTSを例にIPアドレスの設定方法を解説します。

UbuntuVPSで利用するなら
ミライサーバー
\2週間無料・全プランSSD搭載/
ミライサーバーを無料で試す

Ubuntuではifconfigが使用できない

前提条件

今回使用する仮想マシンは以下のとおりです。

    • CPU:2vCPU
    • Memory:4GB
    • Disk:50GB
    • ネットワーク回線:有線

本手順ではLANで接続された機器と通信するための設定であり、外部(インターネット)に公開する手順ではありません。

この手順を実行しても、LAN外の機器から通信はできませんのでご注意ください。

設定した環境からLAN外への通信は可能です。

 

Ubuntuは以下のバージョンを利用しています。

・Ubuntuのバージョン:Ubuntu 22.04.2 LTS

 $ cat /etc/lsb-release

このバージョンでは、ifconfigは使用できません。

net-toolsをインストールする必要があります。

試しにifconfigコマンドを使用すると、下記のようになります。

$ ifconfig

IPアドレスの確認方法

Ubuntuでは、ifconfigが使えない代わりに、ipコマンドでIPアドレスを確認することができます。

$ ip addr show
または
$ ip a  ※「ip addr show の省略版」

        • 緑枠:MACアドレス
        • 赤枠:IPアドレス(IPv4)
        • 紫枠:IPアドレス(IPv6)

上の例では、ネットワークアダプター「enp0s3」に対して設定されているIPv4、IPv6のIPアドレスのほか、MACアドレスも確認することができます。

IPアドレスのみ知りたい場合は、「-br」をつけることで、さらにわかりやすく表示できます。

「-c」もつければ、色がついた形で表示されます。

$ ip -br addr show
$ ip -br -c addr show

なお、GUIからIPアドレスを確認するには、設定の「ネットワーク」画面から確認できます。

Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

IPアドレスの設定方法

ここまでは、IPアドレスの確認方法についてご紹介してきました。

続いては、IPアドレスを実際に設定する方法を解説します。

固定IPアドレスの設定

IPアドレスの設定は、/etc/netplanディレクトリの配下にあるyamlファイルに記載します。

最初に、万が一のときにいつでも設定を戻せるよう、既存のファイルは別名に変更して退避しておきます。

以下では、「01-network-manager-all.yaml」ファイルを別名に変更しています。

$ cd /etc/netplan
$ sudo mv 01-network-manager-all.yaml 01-network-manager-all.yaml.backup

次に、今回新たにIPアドレスを設定するyamlファイルを作成します。

先ほどの「ip addr show」のコマンド結果より、設定するネットワークアダプターは「enp0s3」となっていました。

そのため、設定ファイル名を「50-enp0s3-init.yaml」としています。

ファイル名にあるネットワークアダプター名が誤っていると、正しく設定できませんのでご注意ください。

viコマンドなどのテキストエディタを使用し、設定内容を記載していきます。

yamlファイルは段落(インデント)に意味があるため、左の空白がずれるとエラーになります。

空白を削除しないよう注意してください。

設定を正しく記述したら、「netplan apply」コマンドで、記載した内容を反映します。

$ sudo netplan apply


なにもエラーメッセージが表示されなければ、OKです。

正しく設定が反映されているか確認しましょう。

今回では「192.168.10.4」から「192.168.10.105」に変更されていることが確認できました。

GUIで固定IPアドレスを設定する場合は、先ほどIPアドレスを確認した画面の「IPv4」のタブを選択し、設定値を入力します。

Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

動的IPアドレスの設定

管理するパソコンやサーバーが大量にあると、1つ1つ固定IPアドレスを設定するのは管理が大変です。

その場合、動的にIPアドレスを設定する「DHCPサーバー」を利用することで、自動的にIPアドレスを設定することができます。

動的IPアドレスの設定には、yamlファイルを以下のように記載します。

設定後、「netplan apply」コマンドで、記載した内容を反映します。

$ sudo netplan apply

再度、ipコマンドでIPアドレスを確認しましょう。

$ ip addr show
または
$ ip a  ※「ip addr show の省略版」

先ほどは固定IPアドレス「192.168.10.105」に変更しましたが、DHCPによって自動的にIPアドレスが「192.168.10.15」に設定されていることがわかります。

なお、GUIで動的IPアドレスを設定する場合は「自動」を選択します。

IPアドレスの設定の注意点

IPアドレスを設定する際に、いくつか注意すべき点があります。

・IPアドレスを重複設定しない

IPアドレスはパソコンやネットワーク機器でいう住所を意味するものであるため、重複して設定することはできません。

同一LANの中で同じIPアドレスを設定することがないよう注意してください。

・動的IPアドレスを設定した場合は、途中でIPアドレスが変わる場合がある

動的IPアドレスは、DHCPサーバーが自動的にIPアドレスを割り当て、通信を可能にします。

 

このとき、IPアドレスはネットワークアダプター利用可能時(パソコンやサーバーが起動したときなど)に割り当てられるため、再起動するとIPアドレスが再度割り当てられ、変更されてしまう場合があります。

そのため、ファイルサーバーなど特定のサーバーに対しては、固定IPアドレスを設定するようにしましょう。

Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

まとめ

今回はUbuntuでのIPアドレス設定方法について解説しました。

Ubuntuのバージョンによっては、ifconfigが使えませんのでご注意ください。

今回は22.04 LTSを使用した場合での設定方法の解説となります。

 

IPアドレスの設定には固定と動的の2つの方法があります。

動的はDHCPサーバーに接続すれば自動的にIPアドレスが設定されるため運用負荷が軽減されますが、再起動した際にIPアドレスが変わる可能性があります。

サーバーとして利用するためIPアドレスを変更したくない場合は、固定IPアドレスを設定しましょう。

UbuntuでIPアドレスを設定する場合は、今回ご紹介した手順を参考にしてください。

UbuntuをVPSで利用するならミライサーバー

ミライサーバーは、アシストアップ株式会社が提供している、Unix系サーバーに特化したホスティングサービスです。

ミライサーバーのVPSでは、高速処理が可能なSSD全プランに搭載しています。

OSは、UbuntuDebianAlmaLinuxなどの豊富なラインアップから選択することができます。

2週間無料トライアルを実施しておりますので、まずはお気軽にお試しください。

▼ミライサーバーについてはこちら▼

Unix系OS専門のホスティングサービス「ミライサーバー」

VPSなら「ミライサーバー」

・全プランSSD搭載
・2週間無料

▶ ミライサーバーを無料で試す

関連記事

特集記事

おすすめ記事 最近の記事
  1. VPSに申込み、SSH接続するまでの流れ【ミライサーバー】

  2. KUSANAGIとは。超高速CMS実行環境でWordPressが高速に!

  3. レンタルサーバーからVPSへの移行!方法や注意点を解説

  1. 「侍エンジニアブログ」に掲載されました(2024年4月)

  2. プログラミングとは。基礎知識と活用方法を解説!

  3. 【初心者向け】PHPプログラムの実行方法を詳しく解説!

ランキング

  1. 1

    Ubuntu 22.04 LTSでのIPアドレス設定方法。コマンドも紹介

  2. 2

    UbuntuにSSHサーバーを構築し、SSHに接続する手順【初心者向け】

  3. 3

    SSH接続とは。リモートコンピューターへの接続方法をわかりやすく解説

カテゴリー

TOP